[PR]

 老人は呼吸を計って首をあげながら「私ももとはこちらに屋敷もあって、永らく御膝元(おひざもと)でくらしたものでがすが、瓦解(がかい)の折にあちらへ参ってから頓と出てこんのでな。今来て見るとまるで方角も分らん位で、――迷亭にでも伴(つ)れてあるいてもらわんと、とても用達(ようたし)も出来ません。滄桑(そうそう)の変とは申しながら、御入国以来三百年も、あの通り将軍家の……」といいかけると迷亭先生面倒だと心得て

 「伯父さん将軍家もありがたいかも知れませんが、明治の代(よ)も結構ですぜ。昔は赤十字なんてものもなかったでしょう」

 「それはない。赤十字などと称…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも