[PR]

 「山の芋は出ないようだが外の物件は大概戻ったようです。――まあ来て見たら分るでしょう。それでね、下げ渡したら請書(うけしょ)が入(い)るから、印形(いんぎょう)を忘れずに持って御出なさい。――九時までに来なくってはいかん。日本堤分署です。――浅草警察署の管轄内の日本堤分署です。――それじゃ、さようなら」と独りで弁じて帰って行く。泥棒君も続いて門を出る。手が出せないので、門をしめる事が出来ないから開け放しのまま行ってしまった。恐れ入りながらも不平と見えて、主人は頰をふくらして、ぴしゃりと立て切った。

 「アハハハ君は刑事を大変尊敬するね。つねにああいう恭謙な態度を持ってるといい男だが、君は巡査だけに鄭寧なんだから困る」

 「だって折角知らせて来てくれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも