シェークスピア劇などの舞台や、「三匹の侍」「樅(もみ)の木は残った」などのテレビドラマで幅広く活躍した俳優の平幹二朗(ひらみきじろう)さんが23日、自宅で亡くなっているのが見つかった。82歳だった。

 警視庁によると、23日夕方、東京都世田谷区内の自宅の浴室で、平さんが亡くなっているのを発見したと、家族から連絡があったという。平さんは現在、フジテレビ系のドラマ「カインとアベル」に出演中。

 33年、広島市生まれ。56年、俳優座に入団し、「ハムレット」「アンドロマック」などで頭角を現した。63年に出演したテレビドラマ「三匹の侍」では、ニヒルな浪人役を演じ、人気を決定づけた。

 68年に俳優座を退団し活動の幅をさらに広げ、70年にはNHK大河ドラマ「樅の木は残った」で主人公を演じた。同年、女優の佐久間良子さんと結婚、双子をもうけた(84年離婚)。

 76年の「卒塔婆(そとば)小町」から、演出家・蜷川幸雄とのコンビで、「王女メディア」「NINAGAWAマクベス」「オイディプス王」などで圧倒的な存在感を示し、海外でも高い評価を得た。85年には、「タンゴ・冬の終わりに」などで彫り深い人物像を力強く演じたとして芸術選奨文部大臣賞。98年に紫綬褒章を受けた。