[PR]

 8月24日に起きたイタリア中部地震から2カ月。大きな被害を受けたアマトリーチェのセルジョ・ピロッツィ町長に、現状や今後の課題などを聞いた。

     ◇

 地震は、断層に沿った形で被害があった。歴史的な建物に手を入れるには許可が必要で、外観を変えるわけにはいかない。(前回の大地震が起きてから)400年間、地震は何度もあったが、こんなことが起きたのは初めてだ。

 地震から2カ月がたち、皆住む所が見つかり、テントは撤去された。10月24日から、住宅建設のプロジェクトが始まる。約430軒をイースター(来年4月中旬)までに建てる。家をどうやって分配するかが課題だ。

 人々が集まって話ができるよう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら