[PR]

 日立製作所は24日、指の静脈の形で本人を見分ける「指静脈認証」をスマートフォンのカメラで行う技術を開発したと発表した。従来の赤外線方式のような専用の台が不要で手軽に使える。世界初の技術といい、1~2年後をめどにショッピングや銀行手続きでの本人確認への導入を目指す。

 専用アプリを入れたスマホのカメラに親指以外の指をかざすと、静脈のパターンを1秒程度で確認する。指静脈は指紋より認証の安全度が高いとされる。現在もネットショッピングや銀行手続きの本人認証で、スマホの指紋センサーや、銀行が配布する「ワンタイムパスワード端末」を使う例があるが、これをスマホのカメラで代替できるようになる。(清井聡)

こんなニュースも