[PR]

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会臨時会が24日、パリで開かれ、熊野古道で知られる世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣(さんけい)道」について、新しい箇所の追加登録を決めた。

 追加登録が決まったのは、熊野参詣道の「中辺路(なかへち)」「大辺路(おおへち)」内と、高野参詣道の22カ所(いずれも和歌山県)で、計40・1キロ。7月にトルコ・イスタンブールであった世界遺産委員会で登録される見通しだったが、クーデター未遂の影響で審議時間の確保ができず、延期されていた。

 「紀伊山地の霊場と参詣道」は、和歌山の熊野三山と高野山、吉野・大峯の3霊場と、それらを結ぶ300キロ以上に及ぶ信仰の道で、2004年に登録された。(守真弓)

■地元「市民の願い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら