[PR]

 米アップルは25日、日本で支払い手段「アップルペイ」のサービスを始めた。新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」シリーズとウェアラブル端末「アップルウォッチ2」を、JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」などの読み取り端末にかざすだけで、支払いができるようになる。

 アップルペイの開始は世界の国・地域で日本が12番目。日本では「iD」「クイックペイ」にも対応している。同社は日本でのアップルペイ展開のため、日本向けの端末には日本の電子マネー決済で主に使われる通信規格「フェリカ」を採用していた。

 アップルペイ担当バイスプレジデントのジェニファー・ベイリー氏は「コーヒーをセブン―イレブンで買う時も、すき家で食事をする時も、ジャパンタクシーに乗車する時も、素早く安全に支払えるようになる」と述べた。(福田直之)