[PR]

 神奈川県逗子市で2012年に起きたストーカー殺人事件で、被害者の三好梨絵さん(当時33)の夫(46)が25日、三好さんの住所を元交際相手の男側に漏らした市を相手取り、1千万円の慰謝料を求めて横浜地裁横須賀支部に提訴した。市職員の行為は地方公務員法の守秘義務違反にあたり、精神的苦痛を受けたと訴えている。

 夫は「ストーカー被害に遭っている女性の住所は命に関わる情報。それなのに、公的機関による個人情報の漏洩(ろうえい)は後を絶たない。現状が少しでも変わってほしい」と提訴の理由を話している。

 事件では、元交際相手の男が三好さんの住所を調べるように探偵に依頼。さらに頼まれた別の探偵の男が12年11月5日、逗子市納税課に電話をかけて夫だと名乗り、納税通知に関する問い合わせを装って住所を聞き出した。ストーカーの被害に遭っていることから住所は閲覧制限がかかっていたが、職員は確認していなかった。

 元交際相手の男は翌6日、住所地を訪れて三好さんを殺害したうえ、自殺した。住所を聞き出した探偵の男は15年1月、偽計業務妨害罪などで懲役2年6カ月執行猶予5年の判決を受けた。

 逗子市は事件を受け、個人情報を扱うシステムのログインには、指の静脈認証が必要になるようにした。提訴を受けて、市は「訴状が届き次第、適切に対応したい」とするコメントを出した。(古田寛也)