[PR]

 10月25日から、iPhone7で電子マネーの「Suica(スイカ)」が使えるようになりました(写真1、2)。いや、「日本でApple Payがスタートした」というのが正確です。25日早朝にiPhone7およびApple Watch Series 2のシステムソフトウェア・アップデートがあり、利用可能になっています。25日朝からiPhone7にSuicaを登録しようとする人が多かったことから、JR東日本のモバイルSuicaサービス全体が「混雑を原因とする不具合」に見舞われたほどです。

 今回は、iPhoneでSuicaが使えるようになることについて、詳しく解説してみたいと思います。正直に言えば、「とても簡単」と「戸惑い」が入り交じったサービス開始と感じました。アンドロイドなどの「おサイフケータイ」とはどう違うのかも含め、見ていきましょう。(ライター・西田宗千佳)

iPhoneを「タッチ」して決済を実現

 iPhone7でのSuica利用は、今回スタートしたことのごく一部に過ぎません。実際は、日本でApple Payのサービスが始まり、Apple PayにSuicaなどが対応したことになります。

 対応機種は、まずiPhone7およびiPhone7 Plus。そして、Apple Payのデータを移す形で、Apple Watch Series2でも決済ができます。この場合、一部で制限がありますが(詳しくは後述)、iPhone5s以降のiPhoneで対応可能です。同じApple Watchでも、昨年のモデルおよびSeries 1は未対応です。

 Apple Payは、財布を意味する「ワレット(Wallet)」と呼ばれる、各種決済をまとめて扱うサービスです(画像3)。iPhone上のアプリ名も「Wallet」です。スマートフォンにはFeliCaやNFCといった非接触通信技術が搭載されていて、それらを使ったタッチ決済ができます。今回はこのうち、日本で広く普及しているFeliCaを使った決済サービスが、iPhone7およびApple Watch Series 2で使えるようになりました。

 これにより、多数存在するFeliCaを使った決済の中で、最もメジャーなSuicaに対応し、そのほかにNTTドコモが展開する「iD」、ジェイシービーおよびイオンクレジットサービスが展開する「QUICPay」も使えます。また、オンラインの決済では、Apple Payに登録したクレジットカードが使えます。日本国内では、店頭での支払いはSuica、iD、QUICPayを使い、オンラインではクレジットカード決済ができると思えばいいでしょう。

 実際の決済では、ICカードのSuicaなどのように、iPhone7を「タッチ」すればOKです。電車の改札やバスなど交通で使う場合には、アプリを立ち上げる必要も、指紋認証機能のTouch IDに指を乗せる必要もなく、ただかざすだけ。速やかに通り抜けられます。これは「エクスプレスカード」という、Suicaのための特別な仕組みを使ったもので、Suicaを1枚エクスプレスカードに指定すると、そのカードの決済は指紋認証を経ず、特に素早く行うことができるようになっています。

 店舗でのショッピングに使う場合には、決済するサービス名を告げた上で、Touch IDに指をつけた状態でタッチします(画像4)。これはセキュリティーのためで、特にiDやQUICPayで決済する時は必須です。

 Apple Payの最大の利点はセキュリティーと言えます。例えば、iPhoneを紛失した際は、「iPhoneを探す」機能を使い、オンラインで紛失したiPhone内のApple Payの利用を止めることができますし、内容を消してしまうこともできます。一方で、紛失したiPhoneが見つかったり、新たにiPhoneを入手して使い始めたりした時には、自分のApple IDを使って再設定すれば、無くした時のApple Payの内容がそのまま戻ってきます。Suicaの残高も含めてです。

「おサイフケータイ」より登録方法はシンプル、だが…

 iPhone7からSuica、iD、QUICPayの決済を行うには、Apple Payにこれらを登録する必要があります。正直、ここが最大の難関です。ただ、難しいものではなく、むしろフィーチャーフォンやアンドロイドの「おサイフケータイ」に比べればずっとシンプルです。ただ、いくつかの条件があり、それらを理解する必要があります。

 まずSuicaについて説明します。

 Suicaを一番簡単に使い始める方法は、ICカードのSuicaを用意することです。プリペイドカードとしてのSuicaカードはもちろん、Suica定期券も対象です。この場合、iPhone7でワレットアプリを立ち上げ、「カードを追加」をタップします。追加カードとしてSuicaを選んだ後に、カード番号と生年月日を入力。カード番号は、Suicaカードの裏に記載されている「JE」から始まる17桁の番号のことですが、末尾4桁だけを入力します。あとは、SuicaをiPhone7の下に置いて、設定が終わるのを待つだけです(写真5)。すると、ICカードのSuicaから、固有のSuica ID、残高、定期券情報(Suica定期券の場合)などが全て「吸い取られて」、iPhone7がSuicaカードの代わりになります。iPhone内のApple PayにSuicaの情報が登録される代わりに元のICカードに記録されていたSuica IDや残高は消えます。なお、利用残高もワレットからチェックできます(画像6)。

 ただし、iPhone7に中身…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも