[PR]

 山梨県教育委員会は26日、県立甲府城西高校(甲府市)の50代の男性教諭が男子生徒を平手で殴り、頭髪をバリカンで丸刈りにする体罰を行ったと発表した。処分を検討している。

 県教委によると、男性教諭は24日午前10時半ごろ、側頭部を刈り上げた髪形で登校した3年生の男子生徒のほおを平手で約10回殴り、バリカンで丸刈りにした。同席していた別の50代の男性教諭も生徒に対し暴言を吐いた。生徒はほおが腫れたが、重いけがはなかったという。

 その後、教諭2人は同日昼、男子生徒と同じ運動部に所属していた3年生の男子3人を呼び出し、連帯責任だとして丸刈りを強制。生徒たちは部の備品のバリカンを使いお互いに頭髪を刈ったという。

 県教委によると、教諭2人はこの運動部の顧問。体罰を受けた生徒4人は、今夏まで部に所属していた。甲府城西高は26日に全校集会を開き、同様の体罰がなかったか調べている。