[PR]

 大分市中央町1丁目にある商業施設「大分フォーラス」が来年2月にいったん閉店し、建て替えられることになった。26日、施設を運営するイオングループ「OPA(オーパ)」(千葉市)などが発表した。新たな商業施設は2019年春に開業予定で、名称も「OPA」に変更する。

 同社によると、大分フォーラスは1973年に総合スーパー「ジャスコ大分店」として開業。93年に大分フォーラスに業態を変更した。同社は今回の建て替えについて、開業から40年以上が経ち建物の老朽化にくわえ、昨春開業した駅ビルとテナントが競合し、競争力を高めるためと説明している。

 今後、新たな商業施設の具体的な計画が決定次第、発表する。

 現在の売り場面積は約9650…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら