[PR]

 韓国の調査機関、リアルメーターは27日、朴槿恵(パククネ)大統領の支持率が26日時点で17・5%に急落したと発表した。2013年2月の就任以降、支持率が10%台まで落ち込むのは初めて。朴大統領が民間人女性に機密文書を渡していた問題が影響した。この問題で、大統領の辞任や弾劾(だんがい)を求める意見も42・3%に上った。

 ソウル中央地方検察庁は27日、この問題を追及する特別捜査本部の設置を発表した。黄教安(ファンギョアン)首相は同日朝、緊急の閣僚懇談会を開催。各閣僚に対し、真相究明に努めると同時に、動揺せずに業務を遂行するよう求めた。(ソウル=牧野愛博)