写真・図版

[PR]

 世界最大の政治ショーでもある米大統領選では、音楽は場を盛り上げる重要なアイテムだ。ときにミュージシャンは支持する候補者を表明して強力な援軍になってくれる。ところが、共和党候補のトランプ氏(70)は、集会で流した曲のミュージシャンから次々と抗議を受けるなど「四面楚歌(しめんそか)」状態になっている。

 「あれは喜劇だったの?それとも悲劇だったの?」

 22日、ラスベガス。約2万人の聴衆を前に、ローリング・ストーンズのボーカル、ミック・ジャガーが問いかけた。3日前に当地であった大統領選のテレビ討論会を皮肉ったのだ。そして、アンコール曲の「無情の世界」を歌い始めた。

 ♪欲しいものがいつも手に入るとは限らない~

 同曲は、トランプ氏が候補者に指名された7月の共和党全国大会で使われた。ストーンズ側は「我々はトランプ氏を支持しない」と使用しないよう抗議したが、トランプ氏は使い続けている。

 大統領選の大規模集会では、音楽をかけて盛り上げると同時に、親しみやすさや力強さなど候補者の印象を演出する。ただ、トランプ氏に対し、曲を使われたミュージシャンが抗議するケースが相次いでいる。

 ロックバンド、R.E.M.は昨年、選挙戦で歌が無断で使われたとして、トランプ氏らに250万ドル(約2億6300万円)の支払いを求める訴訟を起こした。ベースのマイク・ミルズは「二度と俺たちの音楽を使うな」などとツイッターで批判した。

 このほか、クイーンやアデル、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら