[PR]

「トランプ王国」を行く:4 @オハイオ州ヤングスタウン

 バーのカウンター。一つ空席を挟んで隣で大柄な男性がビールを飲んでいた。表情ひとつ変えず、ビール瓶を片手にテレビのバスケットボールの試合を見ている。

 オハイオ州ヤングスタウン。キリスト教の復活祭(3月27日)を翌日に控えた土曜日の昼下がり。午後2時前だが、店内では白人7人がカウンターを囲んでいた。

 「家にいると家族に邪魔者扱いされる」。日本の居酒屋でも聞きそうな言い訳をしながら男たちがビールを瓶で飲んでいる。早くもウイスキーで顔を真っ赤にしている男性もいた。

 隣の男性が手提げ袋から金髪カツラを取り出し、自分の頭に載せて話し始めた=写真①。

 「私は長年の民主党員でしたが、今回の予備選(3月10日実施)では共和党に越境し、トランプに投票しました。みなさんも越境しましょう!」。金髪カツラは、もちろんトランプ氏のマネだ。

 元警察官のドナルド・スコウロンさん(70)。現役時代、双子でやはり警察官の弟と共に、銃を持った犯罪者が相手でも恐れない「クレージー・カウボーイ」と呼ばれていたという。確かに顔は怖いが、おちゃめな人だった。

 スコウロンさんは、トランプ氏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら