[PR]

 デンマーク生まれの童話作家アンデルセンにちなむハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞の今年の授賞式が30日、アンデルセンの生誕地オーデンセであり、受賞した作家の村上春樹さん(67)が出席した。賞金は50万デンマーククローネ(約800万円)。「みにくいアヒルの子」像も贈られた。

 登壇した村上さんはアンデルセンの「影」という作品を引き合いに出し、「人間一人一人に影があるように、あらゆる社会や国家にも影がある。明るくまぶしい面があれば、それに釣り合う暗い側面があるのです」と英語でスピーチ。「私たちは時に、影の部分から目を背けようとします。あるいは無理やり排除してしまおうとします。でもどんなに高い壁をつくって外から来る人を締め出そうとしても、どんなに厳しく部外者を排除しようとしても、あるいはどれだけ歴史を都合のいいように書き直したとしても、結局は自分自身が傷つくことになる。自らの影、負の部分と共に生きていく道を、辛抱強く探っていかなければいけないのです」と語った。

 村上さんは「古典的な物語とポップカルチャー、日本的な伝統と夢想的なリアリズム、そして哲学的な考察を大胆にミックスする力量」などが評価され、昨年11月に受賞が発表されていた。

 同賞はこれまで、「ハリー・ポ…

この記事は有料会員記事です。残り207文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも