[PR]

 神に誓ってもう暴言は吐かない――。フィリピンのドゥテルテ大統領が27日、こんな「決意表明」をした。3日間の日本訪問を終えてダバオ市に戻る機中で、「『ののしるのはやめなさい、さもないとこの飛行機は墜落する』という神の声を聞いた」といい、「やめると約束した」と話した。地元紙が報じた。

 ドゥテルテ氏はオバマ米大統領に「地獄に落ちろ」、潘基文(パンギムン)国連事務総長を「ばか」呼ばわりするなど、暴言や悪態が物議を醸してきた。最近の中国や日本訪問中は、相手国との公式な場では目立った暴言はなかった。

 ダバオ空港でドゥテルテ氏は報道陣に対し、「神への誓いは国民への誓いだ」と暴言封じを約束。だが、目の敵にしている米国や欧州連合(EU)、政敵らにも暴言を吐かないかと尋ねられると、「タイミングによる」とはぐらかした。(鈴木暁子)

こんなニュースも