[PR]

 29日午前7時40分ごろ、佐賀市のJR長崎線で、架線に熱気球1機が引っかかり、電気設備の一部が壊れた。JR九州によると、長崎線は鳥栖―肥前山口の下り線で約2時間15分にわたり運転を見合わせ、約1万3千人に影響が出た。

 付近では「2016佐賀熱気球世界選手権」が開かれており、この気球は同時に開かれている国内大会「熱気球ホンダグランプリ」に出場していた。けが人はいなかった。

 大会実行委によると、当時は多くの気球が現場の南約300メートルに置かれた主会場内のターゲットをめがけ飛来。事故を起こした気球には2人が乗っており、現場の北北東約4キロから離陸し、長崎線の臨時駅「バルーンさが」西側にある鉄橋の欄干に接触した後、架線に引っかかったという。「ホンダグランプリ」の競技は初日の28日は天候の影響で中止になり、29日朝が初めての飛行だった。

 パイロットは約5分間にわたり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら