[PR]

 人の集落近くに現れるクマが増えている。鉢合わせした人が襲われてけがをするケースも目立ち、7日朝にも兵庫県養父市で男性がかまれてけがを負った。冬眠に備えたクマが、栄養を蓄えようとする時期。今秋はエサのドングリが少ないことが原因のようだ。

 「助けてくれ。やられた」。約60世帯が暮らす静かな山あいの集落で男性の悲鳴が響いた。兵庫県西部、宍粟市一宮町で男性(60)がクマに襲われた。

 警察や近所の人らの話によると、男性は10月17日午前6時すぎ、新聞を取りに行こうと自宅から坂を下った先にある集落の集合ポストに向かって歩いていた。現れたのは体長約1・7メートルのクマ。後ずさりして側溝につまずき、尻もちをつくと飛びかかってきた。蹴って反撃したが、頭をかまれるなどして重傷を負った。

 駆けつけた近所の男性(60)は3メートルほど先のクマと目が合ったという。怖くて足が動かなかったが、大声を上げるとクマは離れていった。「まさかここで人が襲われるとは」

 県によると、県内でクマによるけが人が出たのは5年ぶり。宍粟市でのクマの目撃や痕跡の情報は昨年度、16件だったのに、今年度は10月末までに100件。11月7日朝にも、養父市別宮の林道で、近くに住む男性(70)がクマに襲われ、顔や腕にけがをした。県警によると、体長1・2メートルほどのクマが突然現れ、かまれるなどした。男性の命に別条はないという。

 県は同15日から、20年ぶりにクマの狩猟を解禁する。県内の目撃情報がここ数年、増加傾向にあることなどのためで、捕獲頭数を最大140頭としている。

 兵庫、岡山、鳥取県にまたがる東中国地域に生息するツキノワグマは、環境省のレッドデータブックで「絶滅の恐れのある地域個体群」に指定されている。岡山県でも北東部を中心にクマの出没情報が相次いでおり、県によると4月から10月中旬までに120件以上。すでに昨年度(年間)の87件を大幅に上回っている。捕獲されたクマも昨年度(年間)の5頭から5倍の25頭に増えた。(森直由、島脇健史、松尾俊二)

■金属バットで抵抗、両腕…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら