[PR]

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、静止気象衛星「ひまわり9号」を搭載したH2Aロケット31号機の打ち上げを、天候悪化が予想されるため1日延期すると発表した。新しい打ち上げ予定日時は11月2日午後3時20分から6時18分の間。鹿児島県の種子島宇宙センターから1日午後に打ち上げる予定だったが、屋外で機体の準備作業を行う31日夜から1日未明にかけて雷や強風が予想されるという。

 ひまわり9号は、2014年に打ち上げられた「ひまわり8号」を後方支援する同型機。