[PR]

 韓国の国民的俳優で、親日家として知られる崔仏厳(チェブラム)さん(76)が、被災地・福島との交流を深めている。今年7月に福島市を訪問。9月には、福島選出を含む日本の民進党国会議員がお礼に訪れた。崔さんに福島や日本との交流について思いを聞いた。

 崔さんは1970年代から韓国ドラマの刑事役や村長役などで活躍。飾らない性格が愛され、82年から30年以上、「緑の傘子供財団」の全国後援会長も務める。

 崔さんは東日本大震災の前から日韓の地方都市同士の交流に携わり、福島もその舞台になった。今年7月の訪問は21度目の訪日で、日韓交流のコンサートを開いた。避難生活を送る男子小学生が自作の詩のなかで、四角い仮設住宅を「豆腐のおうち」と表現したことがきっかけだ。不思議な表現に関心を持った韓国南部の小学校の生徒と作曲家が曲を付け、詩を作った小学生らが歌った。崔さんは韓国のピアニストらを率いて参加。朗読などで出演した。

 崔さんは「故郷を離れない姿が感動的だった。大丈夫ですかと聞くのはむしろ失礼だと思った。慰労ではなく、故郷を守っている人たちへの感謝の気持ちを伝える場だった」と語る。

 9月23日、ソウル市内の緑の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも