[PR]

 31日午後8時50分ごろ、京都府舞鶴市真倉(まぐら)のJR舞鶴線真倉駅近くの線路内にクマが立ち入り、東舞鶴発綾部行き普通列車(2両編成)と衝突。乗客約20人にけがはなかった。

 JR西日本によると、衝突した列車は車両点検後、まもなく運転を再開した。しかし線路上にクマが横たわっていたため、後続の綾部発東舞鶴行き特急「まいづる13号」(3両編成)が現場近くで停車。地元の猟友会がクマが死んでいることを確認し、線路上から移動。30~40人の乗客を乗せた特急は約2時間立ち往生した後、午後10時45分ごろに運転を再開し、午後11時15分に東舞鶴駅に着いた。