[PR]

 指定暴力団工藤会(北九州市)が市民らを襲撃したとされる一連の事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われた元工藤会系組員の和田和人被告(37)の初公判が1日、福岡地裁(松藤和博裁判長)であった。トップで総裁の野村悟被告(69)らが逮捕された2014年9月以降、一連の事件が法廷で審理されるのは初めて。

 和田被告が関与したとされるのは①12年4月、北九州市小倉南区の路上で福岡県警元警部の男性(当時61)が銃撃され重傷を負った事件、②12年8月、暴力団排除の標章を掲げた店が入る同市小倉北区のビルのエレベーターが放火された事件、③14年5月に同区の駐車場で歯科医師の男性(当時29)が刺されて重傷を負った事件。

 検察側は、①と③の事件については野村被告やナンバー2の田上不美夫被告(60)にしか動機が存在しないとして、工藤会幹部が主導した組織的な襲撃と指摘した。

 和田被告は起訴内容について、元警部事件で襲撃に使われたバイクを盗んだことは認めたが、「殺すとはわからなかった」と述べた。放火事件はおおむね認め、歯科医事件は「関与はしたが殺意はなかった」とし、傷害罪か暴力法違反罪にあたると主張した。

 検察側の元警部事件の冒頭陳述によると、元警部は工藤会の捜査を長年担当。警察側の窓口として、工藤会側窓口の野村、田上両被告と情報交換していた。

 しかし09年に元警部が元組員…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら