4日、本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」が行われた故・三笠宮崇仁(たかひと)さまの晩年は、病との闘いでもあった。傍らにはいつも妻の百合子さま(93)がいた。ご夫妻と長く親交があった入院先の聖路加国際病院(東京都中央区)の日野原重明名誉院長(105)が、思いを語った。

 「とにかく最後まで生きようとする意志が強かった。軍隊に行かれたり、色んなトレーニングを受けられたりした結果でしょう」。三笠宮さまが100歳の長寿をまっとうした理由を、こう振り返った。

 三笠宮さまは同病院で前立腺肥大症や慢性硬膜下血腫などの手術を受けたほか、入退院を繰り返した。96歳の時には、心臓の弁が完全に閉じず血液が逆流する「僧帽弁閉鎖不全」の持病で大手術を受けた。「(百合子)妃殿下がいるからこそ(三笠宮)殿下も安心して色々なことを受け入れられたのでは」と話す。

 「学者であると同時に気さくな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら