[PR]

 鳥のエサとして売られていた麻の実を使って大麻草を栽培したとして、内装工の男(31)=京都市山科区=が大麻取締法違反の罪で京都地検に起訴された。京都地裁で10月28日にあった初公判は即日結審し、地検は懲役8カ月を求刑した。

 起訴状などによると、男は今年3月下旬ごろ~9月、自宅で大麻の種子を水にぬらしたキッチンペーパーで包んで発芽させ、大麻草1本を栽培したとされる。地検は論告で、男は押し入れにライトを設置したりアルミ箔(はく)を貼ったりして大麻草の栽培場所を作ったなどと計画性を指摘した。

 男は京都府警の調べに「麻の実は1月に買って約2カ月後に発芽に成功した。新芽を摘み取り、4、5回吸った」などと供述したという。