[PR]

 肺がんになった喫煙者でみると、毎日1箱のたばこを1年間吸うことで、肺の細胞の遺伝子に突然変異が平均で150カ所できているとする推計を、日本など4カ国の国際共同研究グループがまとめた。4日付の米科学誌サイエンスに論文が掲載された。

 遺伝子の突然変異が修復されずに蓄積していると、がんになりやすい。

 研究グループは、がん患者5243人分の全遺伝情報を解析。喫煙との関連が報告されている17種類のがんについて、喫煙者と非喫煙者で遺伝子変異の数などを比較した。

 その結果、肺がんの一部、喉頭…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら