[PR]

 ウィンドウズ10の「売り」の一つが、指紋センサーなどを使って個人認証を行う生体認証機能「ウィンドウズ・ハロー」です。ウィンドウズ・ハローを利用するには専用のセンサーが必要ですが、センサー非搭載のパソコンにはその機能を追加するための周辺機器を追加しなければなりません。しかし個人向けには手軽な製品がありませんでした。

 そんな中、国内パソコンメーカー、マウスコンピューターが、ウィンドウズ・ハロー対応の指紋認証センサー「FP01」と、顔認証カメラ「CM01」を10月に発売しました(写真1)。それぞれ1万円以下の手ごろな価格で、ノートパソコンに装着してもあまり邪魔にならないコンパクトな製品です。

 今回は、ウィンドウズ・ハローの基本と、この2製品の概要を紹介しましょう。(ライター・斎藤幾郎)

■ウィンドウズ10に指紋や顔で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも