[PR]

 都心から身近なハイキングコースとして人気のある東京都青梅市の御岳山〈みたけさん〉(929メートル)で、シカの食害が広がっている。絶滅したとされるニホンオオカミを守り神としてあがめる信仰の山。地元の人たちは、「天敵の不在でシカの楽園になる」と不安を募らせる。

10頭の群れ、目撃情報も

 山頂の武蔵御嶽神社に、こま犬よりひと回り大きい獣の像が鎮座する。

 おいぬ様。

 犬ではなく、100年ほど前に姿を消したニホンオオカミだ。古来、畑を荒らすシカやイノシシを退治してくれるオオカミは農耕の守り神。御岳山は関東一円の農家らの信仰の対象となり、農閑期には多くの人が訪れた。山頂近くには今も二十数軒の宿坊が残る。

 そのオオカミ信仰の山で近年、ニホンジカの目撃情報が相次いでいる。「夜中に10頭もの群れが目の前を横切った」「後ろ脚で立ち、イチジクの実を食べていた」。都御岳ビジターセンターには、畑の野菜が荒らされ、希少な植物を食べられたという被害も住民から寄せられた。

 「3年前から被害が目立ち始めた。おいぬ様に守られている山なのに」。武蔵御嶽神社の神官で、宿坊を営む片柳至弘さん(73)は唇をかむ。急な坂の上に立つ宿坊の周りにはアオキが茂っていたが、シカに食べられて裸地化し、土砂崩れの心配が出てきた。神社で使うサカキや、畑の大根やキャベツも食べられた。「昨年は2軒の農家が畑を手放してしまった」

 御岳山は、山野草レンゲショウマの全国有数の群生地。約5万株が自生するともいわれ、開花時期の毎年夏に開かれる「レンゲショウマまつり」は観光客ら大勢の人でにぎわう。しかし、センターは昨年4月の調査で430株の食害を確認。その後の5カ月間の調査では、1平方メートルあたり9・8株から6・6株に減少していた。センターが設置した赤外線カメラの映像には、草をはむシカの姿がはっきり映っていた。

 都多摩環境事務所は昨年12月、住民らの要望を受け、群生地の周囲に高さ約2メートルの防護ネットを設置した。センターによると、ネット柵の内側では今年5月時点で1平方メートルあたり16株まで回復したという。

 都は西多摩地域にいるシカの個体数管理を始め、捕獲を進めている。ただ、地元の猟友会は人手が足りない上、御岳山では住民や観光客が近くにいるため、むやみに発砲もできない。「オオカミを海外から導入しては」。住民からはそんな声も聞かれる。

 防護ネットの外側では、希少な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら