[PR]

 ソフトバンクの森福允彦投手(30)が4日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明した。代理人とともに申請書類を球団に提出し、「一番輝ける場所で野球がやりたい」と話した。球団はFA宣言しての残留を認める方針で、複数年契約を提示して慰留している。

 森福はプロ10年間で通算384試合に登板し、16勝14敗18セーブ125ホールドをマーク。今季は主に対左打者の切り札として50試合に登板したが、「自分の置かれている立場に満足していない」と起用法への不満を漏らした。「この球団でなければ、今の自分はいない」とソフトバンクへの愛着を語りながらも、「他球団の話を聞いてみたい」とした。

こんなニュースも