[PR]

 環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案が衆院TPP特別委員会で可決された4日午後、東京・永田町の国会前では市民団体による抗議活動が午後7時ごろまで続いた。

 団体は全国の農業団体や生協など270団体が賛同する「TPPを批准させない!全国共同行動」。正午過ぎには約200人が集まり、「TPPはいらない」などと声を上げた。

 千葉市の主婦田村香月さん(36)は、「食の安全への懸念が残る」として参加した。成長促進剤を使った牛肉の流通が国内で増える可能性を不安視し、「3歳と5歳の息子が成長期になってたくさん食べるようになれば安い外国産を買うかもしれない。いまの政府の説明では絶対安全だと納得できない」。

 埼玉県深谷市のコメ農家の男性(68)は山本有二農水相の一連の失言について「農家は不安だらけなのに、担当大臣が『冗談』を言うのは信じられない。農家のことを考えていない証拠で、議論し直してほしい」と批判した。(東郷隆)