[PR]

(4日、フィギュアスケート・ロシア杯 男子SP)

 跳ぶ前に、両足のつま先を左右に開いて横方向に滑るイーグル。宇野は、そこからトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを跳んだ。そして着氷後、再びイーグルをしながら上体を後ろに大きく反らすクリムキン・イーグル。前後に難しい技を入れたジャンプをきれいに決め、ミスを取り戻した。

 冒頭の4回転フリップは、着氷でふらついて手をついた。次の4回転トーループ―3回転トーループの連続ジャンプは、着氷を右足だけで耐えられず、左足をついてしまった。

 そのマイナスを帳消しにしたのが、3番目のジャンプ、トリプルアクセルだった。「失敗したと思ったトーループで立てたので、緊張がほぐれていつも通りのトリプルアクセルが跳べた」。会場を沸かせる出来栄えだった。

 偶然、緊張がほぐれて成功した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら