[PR]

 韓国サムスン電子は4日、米国で販売した一部の洗濯機に不具合が見つかったとして、リコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。異常な振動が発生し、上部のフタが外れる恐れがあるという。

 米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、対象は280万台ほど。いずれも洗濯物を上から入れる縦型タイプで、2011年3月以降に製造された計34モデルという。

 これまでに730件を超える異常の報告が寄せられ、肩やあごを負傷したケースも9件あった。

 サムスン製品では、最新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーが発火する事故が米国など世界各地で続き、生産・販売の中止に追い込まれた。相次ぐ不具合の発覚により、ブランドイメージの悪化が懸念されている。(ニューヨーク=畑中徹)