[PR]

「トランプ王国」を行く:7 @オハイオ州トランブル郡

 「ついに共和党の候補者が勝てるかもしれない」

 そんな期待感が顔に出ていた。

 大統領選の激戦州オハイオ。かつて鉄鋼業や製造業が栄え、労働組合が強く、民主党の本拠でもあったトランブル郡で、共和党委員長を務めるランディ・ローさんのことだ。

 委員長という立場から、もちろん発言は慎重だ。「勝てる? 勝てない? みんな同じことを聞いてくるが、私は選挙予測をしませんよ。共和党候補を一生懸命に応援するだけです」

 でも、期待感はどうしたって顔に出る。ちょっとした「異変」が起きていたからだ。

 10月2日は快晴の日曜日。絶好のピクニック日和だが、ロー氏は選挙対策本部で仕事に追われていた=写真①。

 「大統領選とはいえ、この地域でこんな運動が起きたことはなかった。まるで明日にでも投票があるみたいな熱気。電話が鳴りやまず、新しいボランティア志願者が次々と訪れる。トランプの看板やTシャツも作っても、作っても、すぐになくなってしまう」

 ほとんど同じセリフを、3月25日に喫茶店で会ったときにも言っていた。ちょうどオハイオ州の共和党予備選が終わった直後だった。

 ローさんは「普通の年は予備選…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら