[PR]

 ソウルで5日午後、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が支援者のチェ・スンシル容疑者に機密文書を渡した問題などに抗議する大規模な集会が開かれた。朴氏は4日に国民向けの談話で謝罪し、捜査を受けると表明したが、国民の怒りはおさまらない。新たな首相に挙国一致内閣を編成させて局面を打開する方針も、世論が受け入れない状況が鮮明になった。

 ソウル中心部の光化門広場には警察集計で4万5千人(主催者発表20万人)が集結。朴氏の退陣や検察の徹底的な捜査を訴えた。この問題をめぐるソウル中心部での大規模集会は10月29日以来2度目。前回の警察集計1万2千人(主催者発表3万人)を上回った。

 ソウル在住の60代主婦、兪炳和(ユビョンファ)さんは、4日の大統領談話に怒りがこみ上げたという。「(朴氏は)自分が話したいことだけ話した。質問も受けつけず、挙国一致内閣の話もなかった。弁明一色で謝ったという感じがしない」

 参加者の世代は幅広く、質問す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら