[PR]

(5日、広島の優勝報告会)

 マツダスタジアムで、黒田だけの時間が流れた。

 本拠に満員となる3万810人が集まった広島の優勝報告会。今季限りで引退した41歳の右腕はファンにあいさつし、観客席にプレゼントするボールを投げ入れた。「もう肩が痛かろうが、関係ない。できるだけ目いっぱい腕を振って遠くに投げようかな、と」

 チームメートからは永久欠番となった背番号「15」と同じ回数を胴上げされた。「優勝の日の胴上げをずっと持っておきたかったので、『しないでくれ』と言っていたんですけど。感謝します」。選手やコーチ一人一人と握手をかわした。同僚は次々とグラウンドから去った。

 そして、残った黒田は1人、マウンドに向かった。

 手前でひざまずき、目頭を押さえた。「最後の最後まで、野球の神様はいると思ってやってきた。20年間のお礼です」。その間35秒。脳裏に浮かんだのは、過去の苦しい試合だった。

 ベンチ裏に引き揚げても、1分…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら