[PR]

 慶応大の学園祭イベント「ミス慶応コンテスト」を主催していたサークル「広告学研究会」=解散=の合宿で性行為の様子を撮影したなどとして、慶大は男子学生3人を無期停学処分にした。慶大が明らかにした。処分は3日付。神奈川県警は集団強姦(ごうかん)などの疑いで捜査している。

 慶大広報室によると、3人は同研究会のメンバーで、商学部2年生1人と理工学部の1年生2人。神奈川県葉山町の合宿施設で9月2日、サークル活動中に性行為をしたり、その様子を動画で撮影したりし、「気品をそこね、学生としての本分にもとる行為を行った」としている。また、監督を怠ったとして、環境情報学部2年生の男子学生1人を譴責(けんせき)処分にした。

 県警は、女子学生に対する性的暴行だった疑いがあるとみている。広報担当者は「今後、新たな事実が判明すれば処分を変更することもある」としている。