[PR]

オービックシーガルズのDJ 金子敦さん(40)

 習志野市を拠点とするアメリカンフットボール社会人Xリーグのオービックシーガルズ。チームDJの金子敦さん(40)=東京都港区=は観客席でマイクを握り、ルールや見どころを分かりやすく解説する。愛称は「タッチダウン金子(TDK)」だ。

 体と体がぶつかり合う格闘技のような迫力に魅了され、大学からアメフットを始めた。オービックでの10年間の現役生活で学んだのは、何事もやりきること、そして苦しくても笑顔でいること。「大事なことはオービックから教わった」。引退後、チームに恩返しがしたいと2012年からDJに。PR業務などの本業の傍らマイクを握る。

 成功すれば大きく前進できるパス、少しずつ確実に進むラン。ボールを持った攻撃側が前進していき、相手のエンドゾーンに入ればタッチダウン……。サッカーやラグビーと違ってプレーが1回1回止まり、選手たちは集まって次の作戦を練る。「アメフットは人生っぽい」という。

 どんなプレーだったか、次はどの選手に注目して見るか。プレーとプレーの合間に、選手たちの特徴も紹介しながら解説する。「アメフットに詳しい人も初心者も楽しんでもらえたら」(安西裕莉子)

こんなニュースも