[PR]

 アップルウォッチを使って日常の心拍数や活動量などを測って送り、患者の診療に役立てる臨床研究が慶応大病院で始まった。データを医師と患者が確認し、治療に活用する。米アップルが今年提供を始めた健康管理の機能が国内の臨床現場に導入されるのは初めて。

 慶応大医学部の福田恵一教授(循環器内科)らが発表した。腕時計型のアップルウォッチでは、心拍数や消費カロリーのほか、立ったり運動したりしている時間も測定できる。高血圧や不整脈などの患者が、アップルウォッチと血圧計の貸し出しを受け、日中はウォッチをつけてもらう。心拍数や活動量が毎日、病院側に送られ、血圧計で測定した血圧値も自動的に送信される。患者に自覚症状がある時は、ウォッチに向かって「動悸(どうき)がします」などと話せば症状と時刻が記録される。

 日々の心拍数などは患者のiPhone(アイフォーン)に表示されるとともに、病院の医師もパソコンでデータを確認できる。

 医師は日々のデータを治療方針…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース