[PR]

 日本、ロシア両政府は、12月に山口県で開く日ロ首脳会談翌日に、東京に移動して首脳会談を行う方向で最終調整に入った。経済協力を重視するロシアが首都での開催を希望し、北方領土交渉で譲歩を引き出したい日本側が応じることになった。両首脳は東京で開かれる両国経済界のフォーラムにも出席する予定だ。

 日本政府関係者によると、安倍晋三首相とプーチン大統領は12月15日に首相の地元・山口県長門市で会談後、16日に東京へ移動。岸田文雄外相や世耕弘成・ロシア経済分野協力相ら関係閣僚も交えた首脳会談に臨む。一連の会談では、領土問題を含む平和条約締結交渉や日本の対ロ経済協力が主な議題になる。東京会談後、両首脳が共同声明を発表する方向で調整している。

 16日は東京で、経団連などが主催する経済フォーラムも開催される。日ロの企業関係者らが日本が提示した極東開発など「8項目の経済協力」の具体策を話し合う予定で、両首脳も出席する方向だ。

 政府関係者によると、ロシア側…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも