[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は8日、国会で丁世均(チョンセギュン)議長と会談し、盧武鉉(ノムヒョン)政権で大統領府政策室長を務めた金秉準(キムビョンジュン)氏を首相に指名した人事案を撤回し、与野党が一致して推す首相を受け入れる考えを示した。次期首相選びを巡って大統領府と野党が対立しており、韓国政局が収拾に向かって動き出す可能性が出てきた。(ソウル=牧野愛博)