[PR]

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)が8日、地方4店について2018年度までに縮小を検討すると明らかにした。百貨店部分を減らし、業績が改善できなければ閉鎖もあり得るという。衣料品などの販売低迷が都心部の旗艦店にまで広がっており、収益性の悪い地方店の改革を急がざるを得ない状況だ。

 2016年9月中間決算の記者会見で、大西洋社長が明かした。対象は伊勢丹松戸店、伊勢丹府中店、広島三越、松山三越。いずれも収益見通しが厳しく、1万6千~3万2千平方メートルの売り場面積を3千~1万平方メートルほどにし、コスト削減を検討する。

 原因は、中間決算の悪さだ。売上高は前年同期比5・2%減の5821億円、営業利益は57・9%減の61億円だった。主力の衣料品が振るわず、大西社長は「中間層がファッションで自己表現しなくなった。通信費や美容、旅行にはお金を使うけれど、洋服に使ってくれない」と嘆く。

 さらに今春以降、訪日外国人の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース