[PR]

 【松尾慈子】フランスの小説家ジュール・ヴェルヌが約150年前に書いた冒険SF小説がこの「地底旅行」だ。何度も映画化され、テーマパークの人気アトラクション「センター・オブ・ジ・アース」の原作となるなど、不朽の名作である。

 「決定的コミカライズ!」と帯にうたった本作。まずは書店で見かけたときに、とりあえず1巻だけを買ってみた。昼休みのうちに読み終えて、そのままその足で2巻を買いに行った。なんて面白いんだ! 150年前という古くささをまったく感じさせない、その迫力とスピード感、自然の不思議さ。その日のうちに、当時の挿絵をそのまま収録してある岩波文庫「地底旅行」(訳・朝比奈弘治)も弊社書庫から借りてきた。ヴェルヌの代表作「海底2万マイル」もついでに借りた。というわけで、私はこの1週間、ちょっとした1人ジュール・ヴェルヌ祭りだったのだ。それほどに人を熱狂させる魅力がヴェルヌにはある。そして、その魅力を、描き込んだ緻密(ちみつ)な画面でみごと再現した、この倉薗という漫画家もまたすごい。

 19世紀ドイツ。主人公の青年アクセルは、伯父であるリーデンブロック教授のもとで実験助手をしていた。偏屈なこのリーデンブロック教授は、16世紀の錬金術師が書いたとみられる暗号メモを見つける。「火山の火口を降りれば地球の中心に到達する」というメッセージを読み解いた教授は、気の進まないアクセルを連れてアイスランドへの旅に出る。

 ドイツでの暮らしぶりや、アイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら