【360動画】ワニ似た外来魚「アリゲーターガー」に接近=2016年10月21日、竹谷俊之撮影(※PCではマウスで、スマホやタブレットはYouTubeアプリで画面を動かせます)
[PR]

360度動画「いきもの目線」

 ずん胴の巨体に鋭い歯、ワニによく似た外来種「アリゲーターガー」。名古屋城の外堀で目撃されて話題になった魚だ。このコワモテの外来魚が水中で近づいてきたら、どんな感じに見えるのか。鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で、水槽に360度動画カメラを設置した。

 鳥羽水族館の展示生物は約1200種で、国内最大級。広い館内の古代魚を展示している一角に、3匹のアリゲーターガーが泳ぐ水槽がある。長い口先から尾まで約1メートル。ガラス越しに見ても迫力がある。

 ウェットスーツを着た飼育部長の三谷伸也さん(49)がカメラを手に水槽に入り、水草の間に固定した。それまでのんびり泳いでいた3匹は様子が一変。水中をぐるぐる動き回り、水底の草などをまき散らす。1匹がレンズに覆いかぶさってくるような場面もあった。映像を確認すると、見ている自分まで押しつぶされそうな感じになった。

 池やお堀で見つかると「ワニがいる」と通報されることもあるアリゲーターガー。三谷さんによると、本来は臆病で小食。口には鋭い歯があるが、自分から人に近寄って襲い掛かることはないという。三谷さんは「寿命は長く、最初は小さくても1メートル以上になる。ペットとして飼う人は特徴を理解して最後まで可愛がって欲しい」と話した。

     ◇

 アリゲーターガーは北米原産の肉食魚。成魚は全長1~3メートル、体重は50~100キロにもなる。環境省は、2018年から「特定外来種」に指定する方針。(竹谷俊之)