[PR]

〈28年前にトランプ氏に取材した一橋大非常勤講師の植山周一郎さんの話〉 米国は三権分立がうまく機能している。大統領が議会を無視して、メキシコ国境への壁の建設といった過激な発言を実行に移すのは難しい。日本に対しても、そんなにむちゃくちゃなことはやらないだろう。ただ、在日米軍の駐留経費をもっと負担しろとか、米国製品をもっと買って、といった提案は出てくると思う。残念ながら、既存の政治家ではトランプ氏に対応するのは無理。英語でけんかができるような優秀な人材をビジネス界からも集め、トランプ政権に対応していく必要がある。

〈NHKの籾井勝人会長の話〉 大統領になったら彼は変わる。今まで言っていた通りの大統領になるとは思っていない。(似ているのではという指摘に)似ているとは全然思わない。僕は髪もふさふさありますし、あのような乱暴な言葉遣いは、もはやしません。

〈東京都の小池百合子知事の話〉 日米同盟は基軸であり、経済にも大きな影響がある。首都・東京として、しっかりかじ取りしていきたい。(日米安保体制への影響については)周囲にいる非常にリアルな方々のサポートもあるのではないかなと思っている。

〈名古屋市の河村たかし市長の話〉 米国の民主主義の力はすごい。不動産王ではあるものの(政治家としては)無名の人が大統領になるわけだから。市民一人ひとりが自立して考えている。自分たち中産階級の経済生活の苦しさから、新しい勢力に託そうとした。政治の強さを求めたのだろう。(トランプ氏は)同盟国を大事にしてくれると思う。