[PR]

 ロンドン南部のクロイドンで9日午前6時すぎ、通勤客らを乗せたトラム(路面電車)が脱線、転覆した。英鉄道警察によると、この事故で少なくとも7人が死亡し、50人以上が負傷した。死者は増える可能性がある。警察はトラムの男性運転手(42)を過失致死の疑いで逮捕した。

 政府の鉄道事故調査局によると、トラムは2両編成で、クロイドン東部サンディランズ駅近くの線路の分岐点手前で、急な左カーブを曲がりきれずに脱線した。トラムが現場の制限速度の時速20キロを大幅に超えてカーブに進入した可能性がある。

 ロンドン交通局のウェブサイトによると、トラムはロンドン唯一のトラムとして2000年に開業。クロイドンを中心に39駅あり、ロンドン南部の郊外地域をおおむね東西に結んでいる。(ロンドン=渡辺志帆)