[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は10日午前、米大統領選に勝利した共和党のドナルド・トランプ氏と十数分間、電話で会談した。韓国大統領府によれば、トランプ氏は米韓同盟の維持と韓国防衛を確約。朴氏はトランプ氏の早期訪韓を要請した。

 朴氏は「韓米同盟は過去60年間、アジア太平洋地域の平和と安定の礎石となってきた」と強調。「多様な分野で同盟関係を発展強化したい」と語った。北朝鮮による軍事挑発の可能性にも言及し、米韓の緊密な協力と強力な制裁の継続を訴えたという。

 トランプ氏は米韓同盟の発展を訴えた朴氏の発言に「100%同意する」と応じた。「米国は韓国を防衛する強力な体制を維持する。揺らぐことなく、米韓安保のために最後まで共に進む」とも語った。

 トランプ氏は大統領選の際、在韓米軍の駐留費を巡る韓国の負担増を要求。米軍の撤収や韓国の核武装の可能性にも言及し、韓国内で不安が広がっていた。

 韓国の世論調査機関、リアルメ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く