[PR]

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する壱番屋は10日、客の9割が注文する定番「ポークカレー」を12月から順次、21円値上げすると発表した。人件費や食材価格が上昇しているためで、カレーの値上げは9年ぶり。

 3大都市圏など人件費の上昇が目立つ地域で先行し、1年かけて全国的に値上げする。東京23区の店ではポークカレーが税込み463円から484円に、東海3県や九州・山口の各県では442円から463円になる。チーズなどトッピング3種も10~20円値上げする。トッピングの値上げは1年9カ月ぶり。人手不足が深刻化し、最低賃金の引き上げもあってパートやアルバイトの人件費が昨年の同時期より約4%増えたという。

 値上げするのは、全体の9割弱にあたる1067店。東京都の23区以外、神奈川県の横浜、川崎両市以外と、大阪市内にある店は対象外。埼玉、千葉両県の一部店舗も値上げしない。(大隈悠)

こんなニュースも