[PR]

 文化審議会は18日、近代日本を代表する画家、横山大観の旧宅及び庭園(東京都台東区)を史跡・名勝に、邪馬台国の女王卑弥呼の墓説のある箸墓(はしはか)古墳の周濠(しゅうごう)(奈良県桜井市)など10件を史跡に新たに指定するよう、文部科学相に答申した。

 あわせて、名勝1件、天然記念物2件、登録記念物2件、重要文化的景観1件の新規指定・選定や、登録有形文化財として31都府県177件の建造物の登録も答申した。

 富士山の絵で知られる横山大観(1868~1958)の旧宅は、1908年から暮らした自宅兼画室。東京大空襲で焼失したが、54年に同じ場所に再建された。多くの作品がここで描かれ、庭の風景は画題にもなった。

 天然記念物には、白亜紀前期(約1億2千万年前)の地層からフクイラプトルなど5種の恐竜の化石が見つかった勝山恐竜化石群及び産地(福井県勝山市)が含まれている。

 ほかに答申された史跡などは次の通り。

 【史跡】山王坊(さんのうぼう)遺跡(青森県五所川原市)▽小笠原氏城跡(井川城跡・林城跡、長野県松本市)▽高島藩主諏訪家墓所(同県諏訪・茅野両市)▽東町田(ひがしちょうだ)墳墓群(岐阜県大垣市)▽水口(みなくち)岡山城跡(滋賀県甲賀市)▽英彦山(ひこさん)(福岡県添田町)▽小熊山古墳・御塔山古墳(大分県杵築市)▽面縄(おもなわ)貝塚(鹿児島県伊仙町)▽北大東島燐鉱山(りんこうざん)遺跡(沖縄県北大東村)

 【名勝】旧龍性院(りゅうしょういん)庭園(愛知県豊田市)

 【天然記念物】六合(くに)チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地(群馬県中之条町)

 【登録記念物】菊池氏茶室庭園(東京都港区)▽松田屋ホテル庭園(山口市)

 【重要文化的景観】奥内の棚田及び農山村景観(愛媛県松野町)