[PR]

 ツイッターに小中学生への殺害予告を書き込んだとして、福岡県警は12日、県内に住む中学生の少年(14)を補導し、発表した。少年は書き込んだことを認め「どれくらい反響があるか見たかった」と話したという。

 博多署によると、少年は4~6日、スマートフォンを使ってツイッターに「殺人ゲームの始まりだ」など、福岡県内の小中学生の殺害を予告するような内容を書き込んだとされる。県警が威力業務妨害容疑で調べていた。署は「プライバシー保護のため」として少年の居住市町村や学年を明らかにしていない。