拡大する写真・図版 自宅の庭でまき割りをする松沢宗洋さん(右)と妻の寿子さん=長野県小谷村

[PR]

 「ランプの山小屋」として知られる北アルプスの船窪(ふなくぼ)小屋(長野県大町市)を営む松沢宗洋(むねひろ)さん(80)、寿子(としこ)さん(80)夫妻が、来年の小屋開けに備え、「ずくを出して(手間を惜しまずに)」暮らしている。電気がないまま営業して60年以上。手作りの料理や囲炉裏を囲む交流会が近年、登山客の人気を集めている。

 今月5日、夫婦が住む同県小谷村の自宅を訪ねると、大根150本が大きなたるに漬かっていた。「来年、小屋で出す漬物です」と寿子さん。来年3月末には食べられるようになるという。

 夫婦は毎年、夏、秋の約100日間を山上で忙しく過ごす。今年も例年通り10月中旬に営業を終えた。ただ自宅に戻っても、じっとしていない。庭の草を刈ったり、まきを割ったり。この日も朝から床磨きをして汗を流した。冬場、自宅周辺は、多いときは雪が3メートル以上積もり、朝から晩まで雪かきをすることもあるという。

 小屋開けの準備は冬から春の重要な仕事だ。漬物のほか、小屋で出す夕食の人気メニューの一つが凍(し)み大根。20センチほどの長さに切った大根をゆでて、2カ月間、洗濯物のように天日干しにして作る。早春は、芽吹いたばかりのフキノトウでフキみそ作りが待っている。「下山しても、ずくがいる」と寿子さんは言う。

 船窪小屋は、北アルプス中部に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら