[PR]

 ロシアのプーチン大統領は14日、米大統領選で勝利したトランプ氏と電話で会談した。ロシア大統領府が発表した。両氏は、現在の米ロ関係が極めて悪い状態にあるという認識で一致し、正常化のための作業を活発化させ、幅広い分野で建設的な協力を進めるべきだという考えで一致したという。

 ロシア側は電話についてどちらからかけたかを明らかにせず、「双方の合意に基づいて実現した」と説明している。

 プーチン氏はトランプ氏に改めて祝意を伝えた上で「平等、互いの尊重、相手国の内政への不干渉という原則」を基盤に新しい米国の指導部と対話をする用意があると表明した。

 両氏は、両国にとって第1の共通の敵である国際テロリズム・過激主義との戦いのために力を合わせるという見解で一致し、シリア危機の解決に向けて意見交換したという。

 今後も電話での接触を続け、顔…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら